腰痛の原因はマットレス!? 腰痛におすすめのマットレス3選!

Avenco マットレス シングル 寝具 敷布団 低反発+高反発 グレー ブルー 100×200cm 厚さ6cm 凹凸構造 カバー洗える

腰痛の原因は様々なものがありますが、今では若い人がマットレスが合わないことで腰痛になってしまっているケースが多くあるようです。

そこでこちらでは、マットレスによる腰痛の原因とマットレス以外の腰痛の原因をピックアップしていきます。

また、腰痛対策のためのマットレスの選び方のポイントや、腰痛におすすめのマットレスを3つピックアップして紹介していきます。

マットレスレスによる腰痛の原因

まずはマットレスによる腰痛の原因を見ていきましょう。

マットレスが原因で腰痛になってしまっているケースに大きく2つに分けることができます。

それは「硬すぎる」「柔らかすぎる」ということです。

参考⇒「12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷き布団ランキングベスト15」

マットレスが硬すぎている

マットレスが硬すぎてしまうと直接腰を圧迫してしまい、そこから徐々に骨や筋肉に負担が掛かり腰痛になってしまいます。

硬いタイプのマットレスには「高反発ウレタン」「ラテックス」「ボンネットコイル」といった硬い素材のマットレスなどがあります。

これらの素材のマットレスは比較的に硬すぎてしまう場合があるので、原因不明な腰痛に悩まされている人の場合にはマットレスが硬すぎていないのか自分でチェックする方がいいでしょう。

チェックの仕方はとても簡単で、仰向けに寝てみて腰とマットレス間に手を入れてみてスカスカになって大きく空間が開いている場合には、硬すぎるマットレスを使っていることになります。

マットレスが柔らかすぎている

一方、マットレスが柔らかすぎるということも腰痛の原因になってしまいます。

柔らかい素材のマットレスには「低反発マットレス」「古くなっているマットレス」などがあり、特に長年使っている低反発マットレスの場合にはかなり柔らかくなってしまっている場合があります。

柔らかすぎるマットレスを使うと腰が極端に湾曲してしまうため、仰向けに寝ている場合にはずっと背中が丸まった状態で寝ていることになります。

すると腰には負担がかかり徐々に腰痛の症状を発症してしまいます。

マットレス以外による腰痛の原因

続いて、マットレス以外の腰痛の原因を見ていきましょう。

マットレスが原因の腰痛はマットレスの硬さが主な原因ですが、腰痛の原因は他にもあります。

そして、マットレス以外の腰痛の場合にも自分に合ったマットレスを選ぶことで腰痛の悪化を防ぐことができます。

うつ伏せで寝ている

うつ伏せ状態で寝ている場合に腰痛になってしまう人は女性が多く、特に胸が大きい女性がうつ伏せで寝てしまうと腰が反り返り腰痛いなりやすくなります。

また、男性の場合でもうつ伏せ状態で寝ている場合にはマットレスや布団が柔らかいと腰痛になりやすく、女性の場合と同じで腰が湾曲し過ぎてしまっていることが原因となってしまいます。

猫背の姿勢で生活している

日常的に猫背の状態の人も腰痛を持っている人が多く、猫背になっていることで腰に負担が掛かってしまい腰痛をひき起こしている原因になっている場合があります。

猫背は一度癖になってしまうと治すことに時間が掛かるため、意識的に猫背を治すようにするしかありません。

ただ、マットレスを高反発マットレスに変えると寝返りが打ちやすくなるため、猫背対策にも多少は良い影響を与える効果があります。

デスクワークや重労働などの仕事

腰痛の主な原因にはデスクワークや重労働といった仕事が原因の場合がとても多く、コスセットなどを活用している人もいます。

これらの仕事のために腰痛になってしまって人の場合にもマットレスを自分に合ったものを選ぶことで、腰痛を軽減することができ仕事の疲れも取れやすくなります。

腰痛対策のマットレスの選び方のポイント

腰痛の主な原因はマットレスの硬さが自分に合っていないことや、仕事の影響などが挙げられます。

そのため、自分に合ったマットレスを選ぶ必要があります。

マットレスの種類はとても多いため、自分に合ったマットレスがどのようなものなのか迷ってしまいますが、主に「素材」と「価格」で選ぶことができます。

マットレスの種類で選ぶ

マットレスの種類は大きく分けると3つの種類があり、金属のスプリングを使った「ボンネルコイルマットレス」、ウレタンや樹脂を使った「低反発・高反発マットレス」、金属のボンネットコイルを柔らかい布素材に変えた「ポケットコイルマットレス」といったものが挙げられます。

固めのマットレスがいいのならば、金属のボンネットコイルがおすすめで、柔らかいマットレスならばウレタンや樹脂を使った「低反発・高反発マットレス」がおすすめになります。

また、その中間の硬さであれば「ポケットコイルマットレス」がおすすめで、柔らかすぎず硬すぎることもありません。

ただ、「ポケットコイルマットレス」はやや価格が高くなってしまうことがデメリットになり、価格も自分が納得するマットレスを選ぶ方が後悔することもありません。

価格で選ぶ

「ボンネットコイルマットレス」「低反発・高反発マットレス」「ポケットコイルマットレス」の価格をそれぞれ比較すると、左から順に価格が高くなっていきます。

「ボンネットコイル」が一番安くて、価格の相場はシングルサイズで1~2万円ほどとなっています。

「低反発・高反発マットレス」の価格相場はシングルサイズで3~5万ほどになり、「ポケットコイルマットレス」では高いものだとシングルサイズで10万円ほどはします。

マットレスといっても種類や使っている素材によって価格が大きく異なってしまうので、素材の硬さと価格を比較してみて自分に合っていそうなマットレスを選ぶことをおすすめします。

腰痛対策におすすめのマットレス3選

最後に腰痛対策におすすめのマットレスを3つピックアップしていきます。

上記で紹介している通りマットレスによる腰痛の原因は「柔らかすぎ」か「硬すぎ」かに分かれるので、自分に合った硬さを選ぶことをおすすめします。

フランスベッド デュラテクノDT-033

フランスベッドの「デュラテクノ」はボンネルコイル型のマットレスで、連続スプリングという構造の作りをしていて1本の網線によって巻き上げられて形作られています。

高密度の連続スプリングなので通気性が良く、湿気を貯めにくい構造になっています。

価格は4万円前後となっていますが、固めのマットレスが欲しいという腰痛を盛った人にはおすすめのマットレスです。

トゥルースリーパー

通販番組などでは人気のマットレスには「トゥルースリーパー」があり、腰痛対策にもなり人気のマットレスとなっています。

低反発マットレスのタイプになり、柔らかい素材のマットレスになるため沈み込み過ぎない体重が軽い女性などにおすすめのマットレスです。

ただ、体重が80キロ以上ある男性などには却って柔らかすぎてしまい、腰痛を悪化してしまう場合があるので注意が必要です。

モットン

モットンは高反発マットレスのタイプで、日本人の腰痛に特化したマットレスとなっています。

固めのマットレスのため寝返りが打ちやすく、体重が重い男性などにも適しています。

ただ、体重が軽い女性などには硬すぎてしまうため、却って腰の骨や筋肉に負担になってしまう場合があります。

価格は3万5千円ほどですが、腰痛を持っている男性にはおすすめのマットレスです。

まとめ

腰痛の原因はマットレスが自分に合っていないものを使っている場合が多く、腰痛の悪化の原因にもなってしまいます。

主に体重が軽い人は柔らかいマットレスが良くて、体重が重い人は固めのマットレスが向いています。

ただ、腰痛の原因は一つではないので、自分にあった硬さのマットレスがどの程度なのかを把握してから新しいマットレスを購入する方がいいでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

どれを買ったらいいの? マットレスの種類と選び方


https://www.i-office1.net/neruconot…
https://www.openfa.jp/#mottontop